×このページを閉じる
マルチブック スマイル会員 運営会則

「マルチブックスマイル会員規約」(以下、「本会員規約」という)は、(有)シーピーエス(以下、「当法人」という)が運営するマルチブック会員制コミニティ「マルチブックスマイル会員」に入会する教室(以下、「会員」という)に対して適用される。

第1条(目的)
本会員の皆様に「マルチブック」を最大限に利活用し、「教室の販売、売上アップ」を支援することを目的とする。

第2条(サービスの定義)
本サービスとは、当社がスマイル会員に対しマルチブックを利用する上での付帯するサービス提供、運営し、本規約に基づき会員が利用することのできるサービスの総称をいい、サービス内容は「マルチブック」のサイト上で記載される通りとします。

第3条(会員条件)
1. スマイル会員の目的・趣旨に賛同し、共にビジョンの実現に協力できるパソコン教室及びパソコン講座を行っている諸団体(マルチブック登録教室)
2. 事業目的及び事業内容が明確である法人または個人で、営業拠点が日本国内にあり、日本語で対応できる者がいるこ
3. 販売する商品、若しくは権利、又は提供する役務及び営業方式が公序良俗に反しないこと。
4. 過去3年以内に法令等に違反して処分された者でないこと。また、役員等にこれらに該当する者がいないこと。
5. パソコン教室業界の信用を失墜させるような行為をした者でないこと。
6. 反社会的勢力等との関係を有していないこと。

第4条(会員資格)
当会員とは、次の各号に定める事項に該当すると当法人が認めた者のうち、第5条に定める入会手続きを経たもを指す。
1) ICT講座を通じ、社会の充実を目指すパソコン講座を運営する法人または個人。
2) 事務局による審査を通過した法人または個人。
3) 第11条の禁止事項に違反していないこと。

第5条(入会手続き)
1. 当会員に入会しようとする教室(以下、「入会希望教室」という)は、当会員が別途定める「入会申込書(企業概要書)」「口座振替依頼書 」(以下、「入会書類一式」という)を当法人所定の方法で提出し、その承認を得るものとする。
2. 入会が認められた入会希望者は、その時点から本規約を遵守するものとする。
3. サービス開始は口座振替依頼書に不備がなく弊社より利用開始のお知らせメールが届いた時点とする
4. サービス開始前の申し込み後のキャンセルについて、申込日当日を含め7日間は無料とし、8日以降のキャンセルについては、事務手数料として税込1,990円をお支払頂くこととする。

第6条(利用料金)
本サービスを利用し第3者にサービスを提供するにあたり、月額利用料金を支払うものとする。月額利用料金やお支払い方法の詳細は、別途締結する契約書に従うものとする。同一組織・法人の複数拠点の場合は2拠点めより半額とする。

第7条(サービスの変更等)
当社は、会員に事前の通知をすることなく、前条に定める本サービスの内容の変更・追加・廃止等をすることができます。但し、本サービスのうち、当該変更・廃止がなされる以前の時点で既に会員が利用を開始しているものについては、既に利用を開始した当該会員は、原則として当該サービスの終了まで、同一条件で当該サービスを受講できるものとします。

第8条(サービス提供の中止)
当社は、本サービスの提供を一部または全部の中止を行うことができるものとします。なお本サービスの提供を中止するときは、あらかじめ当社所定の方法で、会員に通知するものとします。但し、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。

第9条(契約期限)
契約期間は、契約成立時の利用開始月16日から15日までの1ヶ月間とします。 契約者から当社に対し、契約期間満了日の前日までに、第13条規定の退会手続きによって契約を終了させる旨の申し出がなされない限り、契約は1ヶ月間自動更新されるものとし、その後も同様とします。

第10条(サービスの中断)
当社は以下の各号の一に該当する場合には、お客様に事前に連絡することなく、一時的にサービスの提供を中断する場合があります。お客様は、このことを了解の上ご利用ください。
1. 本サービスのシステムの保守を定期的に、または緊急に行う場合
2. 火災、停電、事故などにより本サービスの提供ができなくなった場合
3. 地震、噴火、洪水、津波などの天災により本サービスの提供ができなくなった場合
4. 戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議などにより本サービスの提供ができなくなった場合
5. 予想外の技術的問題
6. その他、運用上、技術上、当社が本サービスの一時的な中断を必要と判断した場合

第11条(会員の都合によるサービスの停止)
当社は、お客様に、以下各号に定める停止事由が存する場合、各号に定める再開事由が生じるまでの間、サービスの提供を停止することがあります。
1. (停止事由)未払料金が発生し、かつ、当社から会員様に連絡が取れないこと(再開事由)会員様に連絡がとれ、かつ、未払料金全額の入金が確認されたこと
2. (停止事由)当社から会員様に連絡を取る必要がある場合において、会員様に連絡がとれないこと(再開事由)当該会員様に連絡が取れること

第12条(本サービスの廃止)
当社は、やむをえない事由が発生した場合には、本サービスの契約を終了させ、または本サービスの提供を廃止することがあります。本サービスを廃止する場合には、あらかじめ、ウェブサイトにおける告知その他適宜の方法によりお客様に通知致します。ただし、緊急その他やむをえない事情がある場合はこの限りでありません。

第13条(退会)
スマイル会員の退会日については、毎月15日(15日が休日の場合は、翌営業日)とし、退会を希望する場合、当法人が別途定める「退会届」を、退会前月の15日までに規定の書面にて提出するものとする。
退会後のマルチブックのご注文については、無料会員となり、指定口座へご入金確認後、製本作業開始とする。
また、当法人は、会費の納入、その他会員としての義務を怠った会員の会員資格を停止・抹消できる。

第14条(損害賠償)
1. 当社は、当社の責に帰すべき事由により、本規約に基づく債務を履行しなかった場合、当該不履行により会員に対し、現実に発生した損害につき、当該損害の直接の原因となったサービス利用料金相当額を限度として、賠償責任を負うものとします。
2. 会員または当社に対し本サービス申込中の当該申込者が、本規約および法令の定めに違反する行為を行い、その結果当社および第三者に損害を与えた場合、当該会員および当該申込者等は、当社の被った一切の当該損害を賠償する責任を負うものとし、当社および第三者を免責しなければならないものとします。
3. 会員がその管理に属する事項について管理を怠った場合においても、前項に準じて取り扱うものとします。
4. 会員が本サービスを利用することにより、第三者に対して損害を与えた場合、当該会員は自己の責任と費用により解決するものとします。

第15条(会員の禁止事項)
会員は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれにも該当する行為をしないものとします。
1. 本規約のいずれにも違反する行為
2. 当該会員および他の会員の本サービス利用権を不正に使用する、またはその恐れのある行為
3. 当社の書面による事前の許諾なしに、本サービスを利用する権利を第三者に譲渡、売買、名義変更、または貸与する行為
4. 当社、および第三者の著作権等の知的財産権を侵害する、またはその恐れのある行為
5. 本サービスに関連して入手した情報等すべてについて、著作権法で認められた私的利用の範囲を超え、派生的に製作する、あるいは複製、販売等を行う、またその恐れのある行為
6. 第三者のプライバシーを侵害、漏洩する、またはその恐れのある行為
7. 当社の機密情報に不正にアクセス、漏洩する行為、またはその恐れのある行為
8. コンピュータウィルス等有害なプログラムを、本サービスに関連して使用あるいは提供、またはその恐れのある行為
9. 本サービスを通じて提供される情報を改ざん、または改ざんする恐れのある行為
10. 当社、他の会員、第三者を誹謗中傷し、またはその名誉もしくは信用を毀損する行為、またはその恐れのある行為
11. 当社、他の会員、第三者に損害を与え、または本サービスの運営妨害、あるいは不利益を与える、またはその恐れのある行為
12. 本サービスに関連して事実あるいは公序良俗に反する情報を、第三者に送信又は表示する行為
13. 当社が、不適切と判断する行為
14. その他、法令あるいは公序良俗に違反する行為

第16条(免責)
1. 当社は、当社の責に帰すことができない事由により生じた損害、当社の予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、逸失利益、前条第1項に定める場合を除く本サービスの利用に関して会員または第三者が蒙った損害、その他下記の事由に起因して生じた損害については、債務不履行、不法行為を問わず、一切の責任を負わないものとします。
1) 第11条による「サービス提供の中断等」に起因して発生した損害
2) 会員の責に帰すべき事由に起因して発生した損害
3) 第三者の故意的による介入に起因して発生した損害
4) 上記に準じることに起因して発生した損害
2. 前項に基づき、当該会員が本サービスの利用に関して被った損害については、債務不履行責任、不法行為責任、その他いずれの根拠による賠償の責任も負わないものとします。

第17条(準拠法及び裁判管轄)
当会員規約の準拠法は日本法とする。次条の定めにも拘らず、会員と当法人の間で紛争が生じた場合は、当社の本社所在地を管轄する熊谷地方裁判所を合意管轄裁判所とする。

第18条(協議解決)
本規約に定めなき事項又は解釈に疑義を生じた事項については、当社と会員間にて誠意をもって協議の上解決するものとします。